特集
カテゴリー
タグ
メディア

頭の中にあることをきちんと実現するための新感覚ToDo管理ツール「Pegby」

ToDoリストや次に何をするか、今何をやっているかはすぐに分かるようにするべき、というのはGTDの大原則の一つです。一つのサービスでそれがすべてできれば、ToDoやアイデアを入力するのも楽になります。「Pegby」は、頭の中にあることをきちんと実現できるように作られたWebアプリです

WebベースのToDo管理ツールは五万とあり、毎週新しいものが登場しているように思えるほどです。Pegbyは、自分が今やっている仕事だけという狭い範囲にフォーカスする「Trello」のようなツールの機能と、いくつかのすばらしい機能を合体させた少し目新しいツールです。今やっている仕事、次にやる仕事、これまでに完了した仕事が、GTDの考え方に従って並びます

それぞれToDoのタイプに合わせた3つのカラムがあり、カラムの新しい「カード」を始めるをクリックするだけで、新しいタスクを簡単に追加できます。カードをあるカラムから別のカラムへドラッグして移動することもできますし、「個人」、「仕事」、「家族」など、新しいToDoのタイプを作ることも可能です。新しいToDoをカードというかたちで追加したら、そのカードにタグや色を付けて管理でき、Pegbyの特別なアドレスにメールを送ってタスクを追加することもできます。

Pegbyは完全に無料ですが、サービスの運用に寄付をすることも可能。今のところ招待された人のみが使えるベータ版の状態ですが、招待状が届けばサインアップは簡単でした。これまでにTrelloを使ったことがある人なら、Pegbyの方が少し速く、より集中できると感じるのではないでしょうか。

Pegby

Alan Henry(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next