特集
カテゴリー
タグ
メディア

目標を立てることで達成感が得られ、向上心も高まる

目標のない時の問題は、得点せずに人生のフィールドを行ったり来たりしているようなものだ

これは「どれだけ働いたとしても、何か目標に向かっていない場合、何の意味もない」とも言い換えられます。この格言は、クリケットの審判Bill Copeland氏によるもので、人生においていい目標をつくることがいかに重要かを教えてくれます。

Photo by Josh McGinn.

人生のために働けば、ほんの少しは前進できるでしょう。しかし、何か達成したいことがあっても、それを明確にしていなかったら、目標を達成しても成功したと感じることはできません。それだけでなく、さらに上の目標を達成しようという、向上心を高めることもできないでしょう。

かといって、目標を立てても、それを公表したり誰かに知らせたくなければ、そうする必要はありません。自分が満足する結果が得たいのであれば、その目標をきちんと自分の中で明確にしておきましょう。

新年に何か目標は立てましたか? まだの人や、そんなことはしないと決めている人も、今年は試しに目標を立ててみてはいかがでしょうか。

Whitson Gordon(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next