特集
カテゴリー
タグ
メディア

起きてからすばやく活動し始めるために目覚まし時計の「スヌーズ機能」をうまく使う方法

起きてからすばやく活動し始めるために目覚まし時計の「スヌーズ機能」をうまく使う方法

目覚まし時計のスヌーズが鳴り続けている間、ベッドの中でモタモタしていると、確実に仕事に遅れてしまいますよね。米Lifehacker読者のMythimnaさんは、朝すばやくベッドから出て活動し始めるために「スヌーズ機能」をうまく使う方法を教えてくれました。

Photo by Tim Ebbs.

その方法とは、ベッドで寝ている時に目覚まし時計のアラームをスヌーズにするのではなく、次にしなければならないタスクの合図としてスヌーズ機能を使うというもの。

朝、時間通りに起きられない人は、目覚まし時計のアラームを止めずにスヌーズ状態にしていると思います。

私の目覚ましは、毎朝15分おきに鳴るようにスヌーズ設定されており、スヌーズボタンを押して、家を出る前にやらなければならない次の作業の時間の合図にしています。

もちろん別の目覚まし時計のアラームを使うという手もありますが、おそらく予備のためにもっと早い時間にセットしてあるでしょう。しかし、この使い方ではすばやく起きられません。そこで私は、朝の4つの予定にあわせてそれぞれの目覚ましアラームを使うように設定を変えました。

目覚まし時計のアラームだからといって、目を覚ますことだけに使わなくても良いということです。次のタスクのサインとしてスヌーズを使えば、時計を見て時間を確認する手間も省け、貴重な朝の時間をより効率よく使えます

Keep Snoozing Your Alarm to Move Faster in the Morning | #tips

Whitson Gordon(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next