特集
カテゴリー
タグ
メディア

ウイルス感染したWin機をUSBからブートできる『Windows Defender』

ウイルス感染したWin機をUSBからブートできる『Windows Defender』

Windowsには『Microsoft Security Essentials』という優れたセキュリティツールがありますが、更新しそこねたタイミングで、運悪くウイルスに感染してしまったときはどうしたらいいのでしょうか? そんな「まさか!」のときの復旧ソリューションとして、オフライン状態でUSBから『Windows Defender』を立ち上げるという方法があります。

起動可能なUSBを作成するには、起動中のWindowsが必要なので、ウイルス感染に備えて、事前に立ち上げ用のUSBを作っておくのがオススメ。「もう感染しちゃった...」という場合は、他のWindowsマシンを借りましょう。

Windowsさえあれば、作成プロセスはとてもシンプル。こちらのMicrosoft公式ページからダウンロードして実行すれば、あとは画面に従ってクリックするだけです。詳しくは、テック系ブログ「How-To Geek」のこちらの記事(英文記事)もご参照ください。

Windows Defenderは、無料でダウンロード可能。32bit版と64bit版がリリースされています。ダウンロードは、こちらのページからどうぞ。

How to Create a Bootable Offline Version of Windows Defender | How-To Geek

Kevin Purdy(原文/訳:松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next