特集
カテゴリー
タグ
メディア

植木鉢にぶちこめば配線がスッキリ!

植木鉢にぶちこめば配線がスッキリ!

デスク周りは、パソコンなどのコード類がタコ足配線になり、いつしかグチャグチャになってしまうのが悩みどころ。ケーブル&タップ収納ボックスは市販されていますが、強気の価格設定も多いですよね...。かといって、100均で買えるワイヤーネットやIKEAグッズなどの色々なアイディアやDIY術に関しては、見聞きしては「いつか整理する」と思うものの、結局手をつけずに終わってしまいがち。

ということで今回は、部屋の美観を損ねてしまうケーブル類を「身近、手軽、リーズナブル」にすっきりさせる方法を、米Lifehackerから逆輸入してご紹介しましょう。

ブログ「景観デザインを目指せ」によると、重山陽一郎さんは「植木鉢」を利用して、ケーブルをすっきりさせているそうです。ちなみに用意するものは、以下の通り。

  • 素焼鉢(電源タップなどがすっぽり収まる大きさ)
  • 家具などの底面に貼り付けるだけで傷や音を防止する粘着フェルト
  • ACアダプターなどの接続に便利な分配延長ケーブル


冒頭画像を見れば一目瞭然ですが、ひとまとめに格納しやすいように分岐ケーブルを使ってコンパクトに繫ぎ直せば、デスク下に置いた植木鉢の中に電源タップに接続したACアダプターやケーブルなどを、まるっと全部詰め込めます。

ACアダプターのような大きい形状の物も丸ごと入れられ、ケーブル調整もしやすいです。植木鉢の底にある排水孔が空気穴代わりとなり、熱がこもらないようになっていると思われるものの、重山さんは通気性を良くするために、粘着フェルトを植木鉢の裏に貼り、高くかさ上げしています。これなら、すぐにマネできそうですね。

配線地獄の悩みは万国共通。満足三拍子そろったケーブル整理術をご存知でしたら、ぜひ教えてください。もしかしたら、海を越えて米Lifehackerで紹介されるかもしれませんよ。

Cable Clutter in Pots | Enviro-Studio.net

Alan Henry(原文/訳:kiki)

swiper-button-prev
swiper-button-next