特集
カテゴリー
タグ
メディア

通貨記号のない値札には要注意

スーパーなどで普段、何気なく目にする価格表示。これには、私たち消費者の購買欲を刺激して少しでも売り上げを伸ばすため、「いかに買わせるか」という色々な工夫がなされています。

例えば、「端数価格」、「大台割れ価格」が有名です。500円や1,000円といった切りのいい数字ではなく、498円や980円といった半端な価格にわざと設定したり、ケタを下げることで消費者の割安感を高め、購入を促すと言われています。末尾に「9」がよく使われるアメリカの価格表示には、この他にも心理テクニックが隠されているそうです。

冒頭画像の値札表示をご覧ください。金額を表す数値だけで、通貨ドルを表す記号「$」などは明記されていません。

コーネル大学の研究者は、「(メニュー表記に)ドル記号を使用しない場合の方が、客はより多くのお金を使う」というレストランで行った調査結果(英文)を公表しています。ネタ元によると、「$2.99」は「2.99」に比べ高価に感じる脳の処理が行われるとか。人間は損したくないからこそ、得をするより損をすることに敏感です。それにより、単純に数字だけの方が抵抗感が少なく、つい買ってしまい、倹約したつもりが結果的に散財しやすいのだとか。こういった表記は、食料(雑貨)品店でも応用されているようです。

店内には購入客単価を上げるための危険な罠が、至るところに巧みに仕掛けられています。値札トリックなどに釣られて余計なものを買ったり、買い過ぎたり、ということがないよう注意が必要です。年始は買い出しなどで何かとお金を使う機会が増えると思いますが、術中にはまらないよう、お買い物は計画的に。

How Supermarkets Trick You Into Spending More Money | Huffington Post

Thorin Klosowski(原文/訳:kiki)

swiper-button-prev
swiper-button-next