特集
カテゴリー
タグ
メディア

ペットボトルを再利用してワイヤー・ケーブル用のディスペンサーを作ろう!

ペットボトルを再利用してワイヤー・ケーブル用のディスペンサーを作ろう!

ケーブルが長すぎて困っていたり、作業台でその都度ワイヤーを引っ張り出して使いたいという方は、ペットボトルを再利用してケーブルやワイヤーを入れてしまうのがオススメ。

ライフハッカーの過去記事で紹介してきた他のハック術に比べ、今回の方法では、必要な時に必要な長さだけをすぐに取り出せます。特にスピーカー用のワイヤー・ケーブルに役立ちますよ。

「Instructables」のユーザーfjordcarverさんは、ワイヤー・ケーブルをいつでも取り出せる方法を考えていました。そこで思いついたのがこの方法。

まずは入れておきたいワイヤー・ケーブルにちょうどよいサイズのペットボトルを見つけます。底の部分を切り、上下逆さま(飲み口が下)にします。ワイヤーやケーブルの一方の先を飲み口から出し、残りをペットボトルの中に入れておけば、いつでも取り出せるワイヤー・ケーブル用のディスペンサーのできあがり

筆者はさっそく、ビニール袋に入っていてうまく取り出せなかった自宅のスピーカーケーブルでやってみたそうです。このディスペンサーを作業台の近くにかけておけば、すごく使いやすいでしょう。ワイヤー・ケーブルの扱いで困っている方は、ぜひお試しを!

Make a Wire Dispenser From a Recycled Bottle | Instructables

Alan Henry(原文/訳:曽我美穂)

swiper-button-prev
swiper-button-next