特集
カテゴリー
タグ
メディア

iOS、Android用のゴージャスなマガジンスタイルニュースリーダー「Google Currents」

iOS/Android:『Flipboard』や『Zite』のライバルとなるアプリで、Googleが開発中と長らく噂されてきた『Currents』がついにアメリカでローンチされました! これで、Android/iOSユーザはブログやRSSフィード、その他のニュースやトピックを、クリーンでフレッシュなレイアウトでスマートフォンやタブレットから無料で楽しむことができます

Currentsは、フリークロスプラットフォームアプリ。Googleアカウントで購読している記事と同期し、オフラインでも記事を読むことが可能です。アプリのレイアウトは、Ice Cream Sandwichにインスパイアされているのが見て取れます。また、Googleの「Roboto」フォントが多用されているのも特徴です。

全ての画像は拡大可能で、「Forbes」や「GOOD」、「FastCompany」、「500px」などは、特別なCurrentフィードを用意し、イメージに比重を置いた、ニュースストーリーにマッチしたバナーなども作成されています。他のRSS購読よりも見映えが良いのではないでしょうか? また、読みたいブログにCurrentsサブアプリビルドがない場合、ディレクトリから検索してRSSフィードへ追加することが可能です。

Currentsは、Googleアカウントとリンクしますが、「News360」のような自分のテイストに合わせてニュースを集めてくる機能などはなく、「Flipboard」のようにニュースのキュレーションを行ったりもしません。また、Googleリーダーとの接続が可能で、アプリ内からどれを購読したいかのかが選択できるので、携帯デバイスに大量のフィードがやってきて見る気がしなくなる...という状態を回避できます。

Currentsは携帯用フィードリーダーというよりは、見逃したくないトップストーリーや関心のある記事を教えてくれるライトマガジンといったところです。CurrentsのiPhone版、Android版は、現在の所アメリカでのみダウンロード可能です

Google Currents | via The Official Google Mobile Blog

Alan Henry(原文/訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next