特集
カテゴリー
タグ
メディア

強盗対策には「おとり用財布」が有効!

日常生活でも旅などでも、危ない場所には近づかないのが一番ですが、例え世界のどこにいても、犯罪にまきこまれてしまうことはあります。

「Wired」によると、強盗は手ぶらでは帰ろうとしないので、身を守るには、いくらかのお金や価値あるものを渡したほうが良いとか。そこで、その時持っている全財産を渡すのではなく、解放してもらうためにちょっとした財産を渡すといいそうです。

手ぶらで帰らなければならず、怒り狂っている強盗は言うまでもなく厄介です。現金を持ち歩くことで、自分の命は守れるかもしれません。100米ドル持っておけば、強盗も満足することでしょう。しかし、この100ドルはおとり用財布(偽の財布)に入れておき、大事な身分証明書などは本当の財布に入れておいてください

他にも、貴重品の守り方については、こちらの記事も参考にしてみてください。

How to Survive a Kidnapping | Wired How-To Wiki

Adam Dachis(原文/訳:曽我美穂)

swiper-button-prev
swiper-button-next