特集
カテゴリー
タグ
メディア

ダラダラ・グズグズしないようにするには、接続詞の「AND」を「OR」に置き換えてみましょう

ダラダラ・グズグズしないようにするには、接続詞の「AND」を「OR」に置き換えてみましょう

ダラダラ・グズグズしてしまう場合、「やる必要があることをやらない理由」をいろいろと考えてしまうものです。

CD Babyの創始者であり、人生レッスンの生き字引とも言えるDerek Sivers氏によると、このダラダダ・グズグズ病に効く簡単な解決策があるのだそうです。

その方法とは、いいわけの時に使う「And」を「Or」に置き換えるというシンプルなもの。例えばジョギングに行こうか迷っている場合、「(今がジョギングするのに)タイミングは良いか?」と自問するかもしれません。

今日は天気が良く、おまけに仕事を終えたばかりで、食べた直後ではないし、それに元気である。

この場合、「おまけに」や「それに」という部分がANDの部分にあたるのですが、これをORに置き換えると、

天気が良い、または仕事を終えたばかり、または食べた直後ではない、またはなんだか元気である。

なります。こうしてみると、すべての条件にあてはまる場合よりも、いずれかの条件にあてはまる場合の方が断然多くなるので、必然的に行動に移りやすくなります

もし、いいわけで自分が言いくるめられてしまったと感じたら、この「AND」を「OR」に置き換える戦術を試してみてください。

Procrastination Hack:change and to or | Derek Sivers

Adam Dachis(原文/訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next