特集
カテゴリー
タグ
メディア

仕事場探訪:まるで机と壁と一体化、空間を有効活用できるような天板を選ぼう

「机選び」というと、長方形型ばかりを思い浮かべがちですが、実はもっと大きく捉える必要があります。すべての部屋が、完全なる四角形とは限りません。ちょっと変わった形のお部屋ならば、定番的な形状の既製デスクを無理くり配置する必要はないのです。変形には変形を。

米Lifehacker読者でもあるFlickrユーザowenjonesdesignさんは、奇妙な形の窓際スペースにぴったりフィットする特注デスクを愛用しています。部屋の形に合わせると、設置スペースを無駄なく有効利用でき、見た目にもすっきり。壁に沿って設置しているため、空間全体にさりげなく溶け込んでいます。

機能的にもデザイン的にも、その空間や使う人に最適の形が造れるため、owenjonesdesignさんのようなフルカスタムは、本当にうらやましい限りです。しかし、特注家具は敷居も値段も高くて...と、なんとなく腰が引けてしまうという人は多いはず。されど、部分的にカスタムするのなら、どうでしょう。

スペースに適合する形状の天板をゲットすることだけにこだわり、市販のデスク脚と組み合わせれば、費用の負担を比較的安く抑えられます。ちなみに、マガジンラックはIKEAの「SPONTAN」シリーズとのことですよ。

Black & White Office | Lifehacker Workspace Show and Tell Pool

ADAM DACHIS(原文/訳:kiki)

swiper-button-prev
swiper-button-next