特集
カテゴリー
タグ
メディア

iPhoneでウィルスチェックするなら『VirusBarrier』

  • カテゴリー:
  • TOOL

今のところ、iPhone/iPad/iPod TouchなどのiOSでは「基本」ウィルスの心配はありません。「基本」というのは、アプリの入手方法がApp Storeを通しているため、安全なアプリが私たちのiPhoneに届くためです(ということは、脱獄していると感染の危険性が高まるということなので、ご注意を)。

しかし、iPhoneとパソコンでデータのやり取りをすることが多い昨今、メールの添付ファイルやファイル共有アプリにあるファイルのやり取りが原因で、Mac/Windows用のウィルスを撒き散らす可能性があります。そこで、メールの添付ファイルやDropBoxなどのファイルをスキャンしてくれるiPhone用ウィルスチェックソフト『VirusBarrier』がオススメです。

インストールしたら、「ロケーションを追加...」から任意の項目を設定しましょう。

111124dosa2.jpg

例えば、Dropboxをメインで使用している方は、Dropboxを選択して「すべてをスキャン」を選択すれば、すぐにスキャンが始まります。

111124dosa1.jpg

Dropbox内のファイルを渡す前に、任意のファイルだけをチェックすることも可能です。

111124dosa3.jpg

なお、iOSのセキュリティ上、常駐での動作はできません。定期的に手動でチェックをかける必要があるのがちょっと手間ですが、カレンダーに「ウィルスチェックの日」とリマインダー登録して定期的にチェックするといいと思います。

(ドサ健)

swiper-button-prev
swiper-button-next