特集
カテゴリー
タグ
メディア

PowerPointを常にスライドショー形式で開く方法

  • カテゴリー:
  • TOOL

プレゼンテーション用のスライドをMicrosoftの『PowerPoint』で作成している方は多いのではないでしょうか。プレゼン時にはスライドショーで発表しますが、実は、わざわざファイルを開いてからF5を押して、スライドショーにする必要はありません。スライドショー専用の形式で保存しておけば、すぐにスライドショーで起動できます

詳細は以下より。

常にスライドショー形式でPowerPointを開く方法は、拡張子を「.pps」に変更するだけ

111125_ppt2.jpg

通常は「.ppt」という拡張子ですが、こちらを「.pps」に変更します。すると、スライドショー形式のファイルになり、ファイルを開くと同時にスライドショーが開始します

111125_ppt3.jpg

よく見ると、PowerPointを保存する際にスライドショー形式で保存することもできますね。元に戻したいときは、もう一度拡張子を「.ppt」に戻せばOKです

スライドショーをすぐ始めるためにも「.pps」を活用してみましょう!

via 941::blog

(カメきち)

swiper-button-prev
swiper-button-next