特集
カテゴリー
タグ
メディア

手頃な価格で揃う旅先での快適充電環境

  • カテゴリー:
  • TOOL

こんばんは傍島です。

先週は出張で博多へ出かけたのですが、少し汗ばむ陽気でした。しかし、仕事を終えて大阪に戻ると肌寒い...。日本は広いなと感じる出来事ですが、こうも差があると体にこたえます。

さて、ライフハッカーの読者の皆さんであれば、日頃からガジェットを持ち歩いているはずです。私は出張の時には、iPhone、MacBook Pro 15"、Wi-Fiモバイルルーター、Readerを持ち歩いています。Readerを使うようになって数冊の文庫本を持ち歩かなくなったので、荷物は軽くはなりましたが、バッテリーの心配がまた一つ増えました。

出張で使うホテルは、フリーで使えるコンセントが一口しか無い事が多く、Wi-Fiモバイルルーター用に使ってしまうと、MacBook Proや他のガジェットの充電ができなくなります。私と同じように、不自由を感じている方が多いのではないでしょうか? 私は、手頃な価格で揃う小物を組み合わせて充電環境を整えているので、今回はそちらをご紹介します。

続きは以下で。

まず用意するのは、USB充電対応のACアダプタです。これが無いと始まりません。

私が愛用しているのは、BUFFALOの『BSTA22AUWH』で、電源コンセントが左右にひと口づつ、USBポートが下に二つ付いた製品です。iPhoneとReaderの充電にUSBケーブルを使うワケですが、私の場合は、充電用として販売されている5cm程度の短いケーブルを使っています。この二つの合計金額が1200円程度で、その内訳は、ACアダプタがAmazonで1000円弱、充電用のUSBケーブルが上海問屋で200円弱となっています

この環境でACアダプタのACには、MacBook Pro 15"とWi-Fiモバイルルーターを、USBポートには先のUSBケーブルを使って、iPhoneとReaderを接続しています。MacBook Pro 15"のACアダプタは、コンセントの差し込み口が使いづらいので、これも短い延長コードを用意しておくと使いやすくなります

BSTA22AUWHは、座席横に一つしかない新幹線のコンセントでも同じように使うことが可能です。出張先や新幹線以外でも、使える場所はたくさんあるはずなので、気になる方は入手してみてはいかがでしょうか?

BSTA22AUWH

(傍島康雄)

swiper-button-prev
swiper-button-next