特集
カテゴリー
タグ
メディア

ペンキ缶のフタのべたつき防止はマスキングテープが有効!

ペンキを塗った後、缶がべたついて次に使う時にフタが開けにくくて困る...。そのような経験のある方は、次に新しくペンキ缶を開けるとき、マスキングテープを缶のフタに貼ってみてください!

Photo by Image After. via Household Magic Daily Tips email newsletter

やり方は簡単。ペンキ缶を開ける時にマスキングテープをペンキ缶のフタのふちに貼りましょう。マスキングテープでなく、透明テープやペインターテープでもOKです。あとは、いつもどおりペンキ塗りをしてください。ペンキ塗りが終わった後にテープをはがしてみると、ペンキ缶のフタはきれいなまま! これなら、次使う時も缶は新品の時のように開けやすいです。

ちなみに、ペンキ缶の中のペンキが使用後に固まってしまうのを防ぐには、ペンキの液体の上にラップをかけておくといいですよ。詳しくは、こちらの過去記事を読んでみてください。

Melanie Pinola(原文/訳:曽我美穂)

swiper-button-prev
swiper-button-next