特集
カテゴリー
タグ
メディア

洗濯物の色落ちは「ひとつまみの塩」でストップできる!?

洗濯物の色落ちは「ひとつまみの塩」でストップできる!?

鮮やかな色味、もっと長持ち! 洗濯洗剤のキャッチコピーみたいですが、実はこれって暮らしの万能薬「塩」にも当てはまります

何度も洗濯していると、衣類は自然と色あせてくるもの。しかし、色落ちをできるだけ抑えて、家庭で洗濯したいと誰もが願っています。そんなときは、ぜひ塩をお試しください

塩は、血液汚れを落とすのにも効果的とも言われていますが、塩を入れて洗うと色落ちしにくいそうです。

塩化物には色を閉じ込め定着させる作用があり、塩は繊維を染めるときの色止めとしても使われています。DIYブログ「Apartment Therapy」(英文)によると、色合いを長持ちさせる隠し味となる塩の分量は大さじ一杯程度が適量とのことですが、物事のしくみを解説するサイト「How Stuff Works.com」によると、色落ちを防ぎたいなら、新品の色物衣類は2分の1カップの塩を入れるといいとか。

ネタ元に寄せられたコメントによると、「酢」にも色止め効果は期待できるようです。また、洗濯する際に少量のコショウを入れても色落ち防止に効くという説もあります。他にも、色柄物の色落ちを防ぎ、鮮やかさを保つワザをご存知の方は、ぜひご教示ください。

Use Salt to Keep Colors From Fading In Your Fabrics | Apartment Therapy

Thorin Klosowski(原文/訳:kiki)

swiper-button-prev
swiper-button-next