特集
カテゴリー
タグ
メディア

Lionのウィンドウ復元機能は「Cmd+Option+Q」のショートカットで無効にできる

Lionのレジューム機能はなかなか便利な時もありますが、その反面、もう開く必要のないウィンドウが束になって開かれたりしてイラッと来る瞬間もあったりします。前回開いていたウィンドウの全てが復元される、と機能をオフにするには「Command+Option+Q」でアプリを終了すると良いそうです。

プレビューに複数の画像、またはPagesに複数のドキュメントが開いている場合、「Cmd+Q」でプログラムを終了すると、次回プログラムを開いた際に、この時に開いていた全てのウィンドウが開きます。つまり、次回プレビューを起動すると、前回開いていた画像の全てが再び表示されることになります。この状態を回避するには「Cmd+Opt+Q」のショートカットでプログラムを終了しましょう

このショートカットは、プログラムで開いている全てのウィンドウを閉じてからプログラムを終了するので、次回このプログラムを起動した際にはウィンドウが一つ表示されるのみ、という状態になります。

この機能自体をオフにしたい方は「システム環境設定>一般>アプリケーション」を終了して、再度開くときに「ウインドウを復元」からオフに設定できます。アプリごとにこの設定を行うことはできないので、このショートカットが便利です。

10.7: Quit and Close all Windows | Mac OS X Hints

Whitson Gordon(原文/まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next