特集
カテゴリー
タグ
メディア

花を長持ちさせたいなら、一日の中で最も気温が低い時にカットするべし!

カットしてしまった後の花を新鮮な状態に保つのは、植物との相性が良い方にとっても、そうでない方にとってもなかなか難しいことです。「Apartment Therapy」によると、花をできるだけ長い間新鮮に保ちたいのであれば、一日の中で最も涼しい時間帯にカットすることが重要だそうです。

Photo by Krikit.

気温が低い方が、花はより多くの水分を保とうとします。よって、気温が低い時にカットすると、それだけ長持ちしやすいのだとか。

さらに、水にティースプーン1杯の砂糖と同量のブリーチ、ティースプーン2杯分のレモンジュースまたはライムジュースを入れる、少量のアスピリンを利用する、またはウォッカとのコンビネーションを活用すれば、花はかなり長持ちするはずです。

花束などをもらった際には、ぜひ参考にしてみてください!

5 Tips for Better, Longer Lasting Cut Flowers | Apartment Therapy

Thorin Klowsowski(原文/訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next