特集
カテゴリー
タグ
メディア

マスタードで喉の痛みをとる方法

ライフハッカーの過去記事では、風邪に打ち勝つ方法をいろいろお伝えしてきました。中でも、喉の痛みは他の風邪の症状と一緒に起こると辛く、喉が痛いだけでも嫌なものです。

そんな喉の痛みを何とかしたい時におすすめなのが、マスタードを使ったうがい液。「Farmer's Almanac」にそのレシピが載っていました。

小さじ1杯のマスタードの種をひいた粉、レモン半分を絞ったレモン汁と小さじ1杯の塩、小さじ1杯の蜂蜜、1/4カップの沸騰したお湯を混ぜます。ふたをして15分ほど置いたあと、これでうがいしてください。

これは、トウガラシを使ったうがい液(英文記事)と似た方法ですね。トウガラシも確かに効き目はありましたが、長い目で見るともっと痛くなってしまうこともあります。マスタードはもうちょっとやわらかい効き目だといいのですが...。試してみた方は、是非感想をコメント欄へお願いいたします。

Sore Throat Secrets | Farmer's Almanac

Adam Dachis(原文/訳:曽我美穂)

swiper-button-prev
swiper-button-next