特集
カテゴリー
タグ
メディア

秋の夜長に~自炊生活のススメ

秋の夜長に~自炊生活のススメ

編集委員のひらたです。

11月になりすっかり秋めいてきましたね。公園の木々も少しづつ色づいてきました。過ごしやすい季節です。でも気がつけば、今年もあと2ヶ月しかないということには気がつかないことにしておきたいところです。

Photo by dh.

2年ほど前に、Kindle と ScanSnap でペーパレス、なんて話を書いたのですが、その後すっかりペーパーレスの歩みがとまってしまいました。KindleはAmazon.comで買う洋書専用ビュアーに成りさがり、最近ではMacでもiPadでもKindleのアプリがあるため、せっかく購入したKindleのハードそのものを使う機会がなくなってしまいました。

なんでかなと今になって考えてみたところ、やっぱり裁断機の購入を躊躇してしまったのが問題だろうと思い、いまさらですが購入してみました。

111104jishuilife01.jpg
Photo by dh.

購入したのはカールのディスクカッター「DC-210N」。裁断機にもいろいろと種類がありまして、長い刃をもってバッサリ切り落してくれるプラスの「PK-513L」とこのディスクカッターが、人気では双璧のような感じです。

今回カールのほうにした理由は、小ささと安全性とお値段。プラスのほうは、もっと分厚い書籍も一刀両断にしてくれるところが利点だと思います(しかし大きさという点では、カールのほうも届いた箱をみてデカイと思いました)。

ちなみに、Amazonで頼むとAmazonダンボールではなく商品の外箱に宅配便のラベルが貼られて届きました。これはエコでいいですね。ダンボール捨てる手間もないのでとてもありがたかったです。

111104jishuilife02.jpg
Photo by dh.

とりあえず、手元にあった外国の学会誌がちょうど薄手でピッタリだったので一冊切ってみました。ガイドにあわせて固定し、ディスクにちょっと力をいれて二往復するとバッサリと切れました。すばらしいです。

111104jishuilife03.jpg
Photo by dh.

あとはScanSnapで一気に読み込み。テキスト認識をしなければ、カットもスキャンもあっという間ですが、後々のことを考えてテキスト認識して検索できるようにPDF化しておいたほうがいいような気がします。ちなみに、ファイルサイズは100ページで40MBくらいでした。

一回で切れない分厚い雑誌は、ちょっと面倒ですがあらかじめカッターか何かで分割しないといけません。でも、裁断機で切ったあとの切り口はとてもキレイでスキャンするのに最適ですね。もっと早く買っておけばよかったと思う反面、使わないときにこの裁断機をどこにしまっておこうかという新たな悩みを抱えてしまいました

ということで、資料価値はそこそこ高いのだけど使用頻度の低い書類をビシビシと本棚から排除するべく自炊生活にチャレンジしてみたいと思います。こんどこそ三日坊主にならなければいいのですが。はい。

ライフハッカー[日本版]編集委員・平田大治)

swiper-button-prev
swiper-button-next