特集
カテゴリー
タグ
メディア

梱包材として使える誰の家にも必ずある意外なもの! オークションユーザ必見!

去年くらいからちょいちょいと要らなくなったものをオークションに出すようになった、まいるす・ゑびすです。

今までなら平気で捨てていたようなものに意外に立派な値段が付いたり、絶対に売れると思っていたものがいつまでも売れ残ったりと驚くことも多いですが、アイテムが無事に落札され、発送する段階になると、「アイテムを梱包する」という、なかなか面倒くさい巨大な壁が立ちはだかります

落札されたアイテムにももちろんよりますが、箱に入れたり、封筒に入れたりした後に、スペースが余ってしまうことが多々あります。これがネットショップなどで買い物をした場合であれば、発泡スチロール的なものだったり、梱包用のプチプチだったりが詰め込まれて一緒に送られてくるわけですが、こちらは筋金入りの素人なので、そんな梱包材なんぞが都合良く家に常備されていたりはしないわけです。

かといって、オークションで売れたアイテムを送るためだけにプチプチを買いに走るのも、どうにも納得が行きません。以前であれば、このような状況に直面した場合、新聞紙をくしゃくしゃに丸めてそれを詰めて送っていたかと思うのですが、困ったことに、現代人の家で新聞紙を見かけることがレアな今、そのかわりとなる存在が必要とされているのです。

そんな時に梱包材として使える、誰の家にも、一人暮らしの男の人の家にだって必ずある意外なアイテムがあります。それは、買い物をした時にもらうビニール袋です。

要は箱の中でガタガタ動いたりするのを防げて、ある程度衝撃を吸収してくれれば何でも良いわけですが、箱の余ったスペースにビニール袋を何枚かクシャクシャにして詰め込んでやると、なかなかよい感じのクッションになります。しかも、大きさも色もバリエーション豊かで(色は関係ないですが)、大抵の家でゴミ袋などとして活用されてはいても、常に必要以上の数のビニール袋が家にある方は、けっこう多いのではないでしょうか?

受け取った人の心象的にどうなのか? と思う部分もありますが、そこはなにしろオークションという素人同士のやり取りなので、機能性重視と割り切ってしまってもいいのではないかと個人的には思っています。それに梱包材は他に使い道がないですが、ビニール袋はビニール袋として使用することが可能です。

なので、この方法は

  • 梱包材をわざわざ買う必要がなくなる
  • うちにあるビニール袋が減らせる
  • 受け取った人はビニール袋が使える(他の用途を見つけにくい梱包材よりかは若干マシ?)。


と、若干無理矢理な感じもありますが、一石三鳥ではないでしょうか?

もちろん、世の中にはビニール袋ではまかなえないほどの衝撃や、いとも簡単に壊れてしまう繊細極まりない「こわれもの」たちが多々存在するので、必要な場合は梱包材の購入をオススメします!

(まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next