特集
カテゴリー
タグ
メディア

Googleの「+」演算子による検索が二重引用符に変更されました

  • カテゴリー:
  • TOOL
Googleで検索オプションの指定方法が一部変更となりました。いままで「+」(プラス)演算子を使っていたところは、「" "」(二重引用符)が採用されています。

Googleの検索エンジンは、入力した検索ワード通りに検索を行うわけではありません。様々なファクターを加味して、ベストマッチだと思われる検索結果を返します。入力した検索ワードのうち、いくつかはあえて無視されることもあります(とくにwhere、the、how などの一般的な単語、数字、アルファベット)。

これまでは、検索ワードの前に「+」(プラス)記号を付け加えれば、入力した検索ワード通りの検索が行えましたが(例えば、 hackintosh lifehacker とすれば、両方のワードが必ず含まれる検索結果を返します)、今後は検索ワードの前に「+」を付け加えるのではなく、検索ワードを二重引用符で囲む必要があります(例えば、"hackintosh" "lifehacker")。

この検索オプションは意外に重要で、もしあなたが曖昧でありふれたキーワードを入力すると、Googleはよく検索内容から入力したワードを除外してしまいます。入力した検索ワード通りに検索したい場合は、必ずひとつひとつのワードを二重引用符で囲うようにしましょう。

via Google Operating System

Adam Pash(原文/訳:伊藤貴之)

swiper-button-prev
swiper-button-next