特集
カテゴリー
タグ
メディア

新しいパソコンでiOSデバイスのデータを消さずにiOSをアップデートする方法

新しいパソコンでiOSデバイスのデータを消さずにiOSをアップデートする方法

筆者のiPad(そこまで使い倒していませんが)も、もちろん新機能満載の『iOS 5』にアップデートするつもり。ですが、問題は最後に同期したパソコンと違うパソコンを現在使っているということ。

しかも、新しいパソコンでiPadをアップデートしようとすると、「iPadのデータをすべて消去することになります」という恐ろしい警告が表示されます。実際はとてもシンプルな問題に思えるのに、この問題に対する明確な解決策が示されていません。

というわけで今回は、新しいパソコンでもiPhone/iPad/iPodのデータを消さずにiOSをアップデートする方法をお教えしましょう。

  1. まず最初に、前のパソコンで使っていたiTunesと同じアカウントで、新しいパソコンで認証をする必要があります。これはもうすでにやっているかもしれませんが、ダブルチェックのために「Store>このコンピュータを認証」でApple IDとパスワードを入力し、「認証」をクリックします(Appleのサポートページでは「デバイスからiTunes Storeで購入したものが複数のアカウントで購入された場合は、どちらか一つをコンピュータで認識する必要があります」とあります)。
  2. iOSデバイスをパソコンに接続します。デバイスがiTunesに表示されたら、「ファイル>購入した項目をiPad(接続したiOSデバイスの名前)から転送」を選びます。
  3. 接続したiOSデバイスのページで「App」のタブをクリックし、同期したいアプリにチェックをして、デバイスからパソコンのiTunesにアプリを同期します
  4. ついでに、iTunesのサイドバーにあるデバイスを右クリックして「バックアップ」を選びましょう(絶対に必要かどうかはわかりませんが、この方が筆者は安心だそうです)。
  5. これで、あとはiOS 5をダウンロードして、いつものようにアップデートすればOKです。すべてのアプリの設定もそのままのはずです。


■注意

購入したものの転送は、iTunes Storeを通して入手したアプリのみが転送されます。つまり、Apple Storeから買わずに入れているMP3の曲などは消えてしまいます。しかし、アプリや設定は大丈夫のようです。

もし、うまくいかなかった場合は、Appleのサポートページ「App Store、iBookstore、iTunes Store で以前購入した項目をダウンロードする方法」をご覧ください。

Adam Pash(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next