特集
カテゴリー
タグ
メディア

ペットボトルであっという間にできるキャンドルランタンの作り方!

電気について考えることが多くなった今日この頃、エコな上に良い感じの雰囲気を醸し出してくれるキャンドルという存在が見直されつつあるようです。風が吹くことによって利益を稼ぎ出す、というビジネスモデルに基づくことで知られる桶屋とは対照的に、キャンドルの最大の欠点は「風が吹くと消える」というところにあります。

特に野外でキャンドルを使う場合、この風というものの存在は軽視できません。しかも、風が吹く場所でキャンドルを燃やしていると、芯が早く燃えてしまうという点も油断ならない事実です。

そこで今回は、ペットボトルを使ってあっという間にできるキャンドルランタンの作り方をご紹介!

作り方はとっても簡単です。ペットボトルとはさみ、またはカッターナイフがあれば、すぐに作れます。手順は下記の通り。

キャップを外した空のペットボトルの真ん中らへんにカッターの刃をグサリと入れ、ペットボトルの上の部分と下の部分を切り離します。で、完成です。

このペットボトルの上の部分、要するに飲み口のある部分をキャンドルに被せると、飲み口の部分が空気穴になり、かつ四方からの風が防げるので、これだけで完璧な風よけになってくれます。切り取る時に高さがあまりないと、熱でペットボトルが溶けて穴が開いてしまうので、少し余裕を持って切ってください!

そして、キャンドルをお皿の上などに乗せ、その上にペットボトルを被せれば、立派なキャンドルランタンの完成です。即席で使い捨てとはいえ、なかなか悪くない感じにできあがりますよ!

ちなみにペットボトルはキャンドルの大きさにもよりますが、1.5リットルくらいの透明のものが使い勝手が良いです。明るさを求めないのであれば、色付きもありでしょう。また、プリンタ用紙などの紙を切って、ペットボトルの中をぐるっと囲うように配置すると間接照明になり、雰囲気が変わって良い感じです。

111011candle02.jpg

火を消したい時にはペットボトルのキャップを閉めておけば、中の空気がなくなってすぐに燃え尽きる、という小学校の理科の実験のような、なんだかかっこいいこともできますが、ペットボトルが溶けて穴が空き、燃え続ける場合もあるので、火の始末が心配な方はちゃんと吹き消しましょう!

秋の夜長にベランダでキャンドルライトで涼むなんてのも良いのでは? ペットボトルが何本かあれば、キャンドルを複数にすると素敵です。

ペットボトルの下の残った部分も底だけ切り抜いてしまえば、飲み口側ほど優秀ではないですが、同じように風よけに使えます!

(まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next