特集
カテゴリー
タグ
メディア

仕事場探訪:建築写真家の「洞穴」風オフィス

仕事場探訪:建築写真家の「洞穴」風オフィス

建築写真家Brad Giletteさんがケーブ(洞窟)と呼ぶワークスペースは、仕事&生活感がプンプンにじみ出ていて、引き算と足し算の微妙なバランスの上で成り立っています

余分なモノや装飾を排除して必要最低限のモノだけを置き、すっきり心地よく暮らしているそうです。

能動的に多くを持たないミニマル・ライフの中で、「必要なもの」と「必要でないもの」を追求した末に残されたものだからこそ、多少の散らかり具合はいかにもという感じ。

乱雑さは暮らしやすいようにカスタマイズされた結果。ほしいものが手に届くというのは、便利さの証拠です。室内を活用していれば散らかってしまうもの。しかし、それは不潔というわけではなく、汚らしくもありません。ある意味熱心に働いている証です。

記事冒頭の画像をよく見てもらえば分かるのですが、そのほとんどはホコリをかぶっていません。それは、Giletteさんが整理整頓や掃除という小さなことをないがしろにせず、この部屋でアクティブにすごしているからといえるでしょう。つまり、他人から見ると雑然と見える部分があっても使う本人にとっては便利なように整理されているということもある、ということです。

Isolation Chamber | Lifehacker Workspace Show and Tell Pool

Adam Dachis(原文/訳:kiki)

swiper-button-prev
swiper-button-next