特集
カテゴリー
タグ
メディア

ラベルに中身の期日を書けば紙もデジタルも快適にフォルダの管理ができる

ファイルフォルダから古い資料をサッと取り出すには、フォルダのラベルに期限を書いておくといいと、ホーム&テック系ブログ「Unplggd」にありました。

これは何も紙のファイルフォルダに限らず、デジタルのフォルダでも同様です。中身の有効期限や失効期日、削除していい日程などをフォルダのラベルにして管理して、日にちが来たらそれを処分するだけです。これで、いらなくなった古いファイルやデータが大量にフォルダに溜まらなくなります。

この方法と、以前ご紹介した紙資料で埋まらないための方法を組み合わせれば、常にキレイで快適にファイルの更新と管理が実現できそうです。デジタル化が進んでいるとはいえ、まだまだ紙の資料も多いでしょうから、ぜひ試してみてください。

Office Organizing Tip: Expiration Dates on File Folders | Unplgged

Thorin Klosowski(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next