特集
カテゴリー
タグ
メディア

「酔っ払ってたから、気づかなかった」はウソ!? アルコールがヒトの判断にもたらす影響とは?

お酒を飲みすぎた日の翌朝は、「酒のせいだよ...」とか「酔っ払ってたから、よく覚えてないなぁ...」などと、ついお酒の席での言動を言い訳したくなるもの。しかし、実はヒトは、アルコールで酔っ払ったときでも、きちんと意識して物事を判断しているそうです。

健康系ブログメディア「Body Odd」では、「University of Missouri College of Arts and Sciences」の研究を引用し、ヒトは、アルコールが入ったときの意思決定をきちんと意識していると指摘しています。

Bruce Bartholow博士によると、ヒトは自分の言動に気づいていないから、酔っ払った行動をするのだと思いがちですが、実際は、正常なときに比べて自分の言動がもたらす結果を気にしなくなるだけだとか。つまり、酔っ払っているときの自分の間違いには気づいているものの、それを気にしないわけです。

とくに、行動する前にいろいろ考えすぎてしまう人は、少しばかりお酒の力を借りてみると、ちょっと大胆に判断のできる「新しい自分」が生まれるかもしれませんね。とはいえ、くれぐれも飲みすぎにはご注意を。

Blame it on the alcohol? Maybe not, study suggests | The Body Odd on MSNBC

Adam Dachis(原文/訳:松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next