特集
カテゴリー
タグ
メディア

Windows 8はどれくらい速いのか? 米LHがスピードテストをやってみました

  • カテゴリー:
  • TOOL

マイクロソフトによると、Windows 8では、パフォーマンスが大幅に改善するという触れ込み。では、実際どれくらいのスピードが得られるのでしょうか? 米Lifehackerでは、スピードテストを実施しました。

このスピードテストは、Windowsの開発者向けレビュー版に基づくもの。また、このテスト実施から正式リリースまでにはあと1年ほどありますので、さらに変更される点があると思われます。ゆえに、このスピードテストは初期的なものとお考えください。

統合テストの代わりに、ユーザエクスペリエンスが速くなったと感じる日常テストをいくつかやってみました。これらのテストはすべて、OSがきちんとインストールされ、同じプログラムがインストールされた状態で実行。6GBのRAM、2TBのハードドライブ、Nvidia社のGPU『GeForce 9800 GT』を搭載し、最大スピード20mbpsのEthernetでインターネット接続している、3.8GhZのインテルCorei7マシンにてテストしたところ、次のような結果が出ました。

110922win8-speedtest2.jpg

これらの数字は、何を物語っているのでしょう?

アプリケーションの起動を除き、Windows 8のほうがWindows 7よりも勝っているようですが、概して両者にそれほど差はなく、低パワーのマシンを使っていない限り、日々の操作ではあまり気がつかない程度かもしれません。いずれにせよ、Windows 8でスピードは落ちることはなさそうだ、ということがわかるだけでも、意味はあるでしょう。

ただし、起動時間はこの限りではなく、このスピードテストではWindows 8のほうが、Windows 7よりも極めて速く起動しました。とはいえ、米Lifehacker編集部によると、Windows 8の起動時間については、若干慎重に捉える必要があるとか。非常に速いときもあれば、Windows 7とそれほど変わらないこともありそうだとのことです。

このスピードテストの様子は、以下の動画でご覧いただけます。Windows 8とWindows 7と並んだ状態で比較していますので、あわせてどうぞ。

Music in the video by Julian Wass

Whitson Gordon(原文/訳:松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next