特集
カテゴリー
タグ
メディア

効果的に節約したいなら、一番大きい出費を見直そう

景気の先行きが不透明な中、節約は多くの人々にとって、ますます重要な生活課題になっていますね。毎日缶ジュースやお茶を買う代わりにマイ水筒を持参したり、コンビニ弁当から愛妻弁当に切り替えるといった、小さな工夫の積み重ねも大切ですが、支出額の多い費目に着目し、これをスリム化すると、節約効果がアップするそうです。

Photo by Rachel.

米誌『Forbes』では、借金返済や緊急時に備えた貯金といった、経済的な目標を達成しやすくするには、一番大きな出費を改善すべきと指摘。住居にかかるコストやマイカー、食費などがこれに当たります。

まずは、出費額の多いものから順にリスト化し、毎月の出費を改めて振り返りましょう。これによって、どの費目に手をつけるべきかが一目瞭然になります。その上で、たとえば、住宅ローンの借り換えをするとか、引っ越す、マイカーを減らす、自転車通勤に切り替える、外食を控えるといった、具体的な改善策を講じるのです。

大きな出費を見直すということは、生活スタイルそのものを見直すということ。「生活において何を優先させるのか?」を自分の中で再整理するきっかけにもなりそうです。「節約しているつもりなのに、あまり効果が感じられない...」という方は、こちらの記事を参考に大きな出費に目を向けてみてはいかがでしょうか?

Want to Save Serious Cash? Focus on the Big Stuff First | Forbes

Melanie Pinola(原文/訳:松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next