特集
カテゴリー
タグ
メディア

Macで開いているアプリの全てのウィンドウを一撃で終了するショートカット

  • カテゴリー:
  • TOOL

Macアプリのウィンドウを大量に開いてしまってスペースがない...。全てのウィンドウを閉じてもう一度心を入れ替えてやり直したい...といった時に使える簡単なショートカットがあります。それは「Command + Option + W」です。これで全てのウィンドウが消えます。

自分でやってみるには勇気が...という方は、冒頭動画をご覧ください。

また、Optionキーを押しながらウィンドウの終了ボタンをクリックすると、そのアプリの全てのウィンドウを閉じることが可能です。まるでキーボードとマウスがこのショートカットのためだけに結婚してくれたようで、どちらの方が好きか? という究極の問題に答える必要がなくなるかもしれません。

作業しているうちにウィンドウを開きすぎて息苦しくなってしまったら、「Command + Option + W」というショートカットを思い出してみてください!

Adam Dachis(原文/訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next