特集
カテゴリー
タグ
メディア

鏡や窓を掃除する時には黒色を身につけよう

画面が真っ暗な状態のディスプレイを見て、ふと「思ったより汚い...」と汚れが気になったことはありませんか? 背景の色彩が黒になることによって、汚れが浮き上がるようになったとも言えます。これって、日頃のお掃除に応用の利くヒントになりますよね。

Photo by Lara604.

Shelterpopさんによると、黒などの暗い色を基調としたダーク系の服装で洗面所や浴室の鏡、窓を磨くと、拭き残しが見やすくなってお掃除しやすいそうです。確かに理屈の上ではありえます。本当なのか? とわざわざ黒いトップスを買ってまで試せとは言いませんが、もし黒いTシャツなどを持っているなら、試してみる価値はあると思います。

汚れが見つけやすくなり、くまなく綺麗に仕上げたつもりでも、ガラス窓や鏡の掃除は、拭いた跡や拭き筋が残ってしまうのが悩みのタネ。せっせと拭き清めた後に、拭きあがりを様々な角度から確認したら、白っぽい曇りや拭き跡が残っていてがっかり...なんてことはよくあります。

窓や鏡をピカピカにする定番アイテムとして、日本では「(古)新聞」がよく知られていますが、「鏡掃除に安いジンを使うと筋が残らない」というコメントが、豪ライフハッカーに寄せられていました。意外に効果のある、皆さんのオススメお掃除グッズも、ぜひ教えてください!

You Told Us: Get-Ready-For-Fall Cleaning Tips | Shelterpop via Real Simple

Alan Henry(原文/訳:kiki)

swiper-button-prev
swiper-button-next