特集
カテゴリー
タグ
メディア

Googleのアプリがオフラインで利用できるChromeの拡張機能

  • カテゴリー:
  • TOOL

Chrome:Googleが、Gmail、Googleカレンダー、Googleドキュメントのオフラインサポートを追加しました。Chrome Web Storeで入手できる、「オフラインGoogle Mail」などのChrome拡張機能を通して、これらのオフラインサポートを利用することができます。

オフラインGmail

オフラインGmailを利用するには、オフラインGoogle Mailをインストールし、Chromeで新しいタブを開きます。追加されたGmail Offlineボタンをクリックし、「オフライン メールを許可する」を選んで「続行」をクリックします。一度起動と実行をすれば、インターネットに接続していない時でもメールを読んだり、書いたり、検索することが可能です。次にネットにつながった時に、拡張機能がメールを同期、待機している作業を行ってくれます。

オフラインバージョンのGmailを使うと、Gmailの2分割タブレットバージョン画面(似たようなものはGmail Labを使って利用可能)など、他にも便利な機能があるとすぐに気付くでしょう。ショートカットをよく使う人は、反射的にショートカットを打ってしまうと思いますが、「k」や「j」など前後のメールに移動するショートカットは使えるものの、すべてのショートカットが使えるわけではありません。もう少し使えるショートカットが増えれば...という意見もあるかと思いますが、基本敵にはポイント&クリックですべての作業が問題なく行えるので、それほど支障はないと思います。


オフラインGoogleカレンダー

オフラインGoogleカレンダーを利用するには、まずGoogleカレンダーを開いて、右上にある設定アイコンをクリックして「オフライン」を選びます。するとGoogleカレンダーの機能拡張をインストールするように促されるので、インストールしましょう。

今のところ、オフラインのGoogleカレンダーではイベントを見ることと、アポイントへの返事をすることが可能です。これだけでも悪くはないのですが、重要な機能だと思われる、イベントの作成は入っていないようです。近々改善されるのを期待しましょう。


オフラインGoogleドキュメント

オフラインGoogleドキュメントを利用するには、Googleドキュメントを開いて、これまで同様右上の設定からオフラインの設定をします。オフラインのGoogleドキュメントを利用しようとすると、こちらでもGoogleドキュメントの拡張機能をインストールするように促されるので、インストールしましょう。オフラインでは、ドキュメントとスプレッドシートを見ることができます。編集機能が重要だということはGoogleも承知なようで、現在追加すべく作業中だそうです。


一体どこが新しい?

Google Appにオフラインでアクセスできた、今は亡き「Google Gear」を以前使っていた人にとっては、このオフラインサポートは一歩後退しているところもあり、一歩前進しているところもあり...という印象ではないでしょうか。違いといえば、この新しいオフラインサポートでは、HTML5の仕様で追加された、ローカルのストレージ機能を使うことができるところでしょう。よって、機能としては新しく使えるようになったものも、使えなくなったものもありますが、もう少し様子を見たいところです。


Firefoxなどの他のブラウザでも、アドオンを使ってこれらの機能が適用されるようになるのかどうかはハッキリとしません。あくまでも予想に過ぎませんが、おそらく使えないのではないかと思われます。少なくとも、Googleから公式なアドオンは出ないのではないかと予想されます。

Using Gmail, Calendar and Docs without an Internet connection | Gmail Blog

Adam Pash(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next