特集
カテゴリー
タグ
メディア

壊れかけのグラフィックカードはオーブンで温めると復活する!?

PCを起動したら、赤い線とバグったような画面しか表示されない...。それはグラフィックカードの寿命の印かもしれませんが、あきらめるのはまだ早いです。オーブンで温めれば、壊れかけのグラフィックカードは救えるかもしれません

グラフィックカードに問題があると、画面表示がおかしくなり、赤い線などがスクリーンを横切るようになります。もし、本当にグラフィックカードが寿命であれば、スクリーンが真っ白になったり、オーバーヒートによりプログラムがクラッシュすることもあるようです。

不調なグラフィックカードには、少しの熱が良い薬になります。グラフィックカードを復活させたい方は、以下の点に気をつけて、オーブンで熱を加えてみましょう。

  • グラフィックカードから溶けそうな部品(プラスチックなど)は取り除いてください。
  • オーブンのトレイに直接グラフィックカードが触れないよう、ホイルを敷きましょう。グラフィックカードはチップがとれてしまわないように、チップのある面を上にして置いてください
  • オーブンは、196℃で8分ほど回しましょう。時間は5分から12分くらいの間であれば、OKです。
  • PCへ戻す作業は、必ずグラフィックカードを冷ましてから行ってください。


この作業を行うと、グラフィックカード上のゆるくなったハンダ付けが、オーブンの熱によって一度溶けます。それが再び冷えて固定されると、不安定だった接続が戻ることがあるというわけです。詳しくは、冒頭動画も参照してみてください。この動画ではグラフィックカードは復活しませんでしたが、説明の動画としてはよくできています。

冒頭動画の通り、絶対に成功する方法とは言えませんが、息絶え絶えのビデオカードのある方は、ダメもとで試してみてはいかがでしょうか? 失うものはありませんし、何もしないで放っておくよりは可能性があると思います。

Video Card Repair Oven Baking Technique to Repair Solder Guide | YouTube

WHITSON GORDON(原文/訳:松井亮太)

swiper-button-prev
swiper-button-next