特集
カテゴリー
タグ
メディア

好きなサイトのCSSを簡単にカスタマイズできる「Stylebot」

  • カテゴリー:
  • TOOL

Chrome:「Stylebot」を使えばボタンベースのコントロールパネル、またはスタイルシートのローテキストを編集することで、ほとんどどんなページのスタイルシートでも簡単に調整できます!

多くの人はフォントを変更させたり、広告を非表示にしたりするためにこのアプリを使いますが、このパワフルなアドオンを活用すれば、サイトを完全にリスキンしたり、開発者フォーラムなどを通じて、カスタムCSSをシェアしたりすることも可能です。

Stylebot Socialサイトには、カスタマイズされたCSSが数多くあり、「CSSって放送局?」という方でも、比較的簡単に使えるようになっています(CSSは段階スタイルシート、カスケーディング・スタイル・シート、カスケード・スタイル・シートと呼ばれ、簡単に言うとウェブサイトの表示方法を調整するものです)。

Stylebotを使うと、例えば、Google DocsをMS Office風にリスキンできたり、iMDBをよりクリーンなイメージに一新したり、YouTubeを昔のスタイルへ戻してノスタルジックな気分になったり、などの操作が可能です。今後、Stylebotコミュニティーにどんなものが出てくるかが楽しみですね。

Stylebotを使うとプライバシー関連の警告が表示される場合がありますが、

ウェブサイトデータ、タブ、ブラウジングアクティビティへアクセスしているといった警告が表示されるのは、Stylebotが全てのタブで実行されるからです。Stylebotは、プライベートデータの閲覧、保存などは一切行いません。同期機能を有効にしている場合、ブックマークアクセスは必須となっています。

とのことです。

Stylebotは、Chrome Web Storeからダウンロード可能なフリーアドオン。

Stylebot | Chrome Web Store

David Galloway(原文/訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next