特集
カテゴリー
タグ
メディア

近所で落語をたっぷり堪能できる場所を探す方法

ネットで落語を観るのも手軽になりました。

互換版を買ったあとで純正品がほしくなるのと同じ心の動きで、2次元で楽しんでいると、3次元も体験したくなるのは、物の通り。落語だって、おそらくそういう類の一つだと思います。

定期的に落語を上演している「定席」といえば、都内に数カ所ある演芸場(鈴本演芸場新宿末廣亭池袋演芸場浅草演芸ホール国立演芸場)などがありますが、落語を間近で楽しめる場所は、実はもっと身近にあるのです。

今回は、そんな場所を簡単に探せるサイトをご紹介します。

落語家の団体は「落語協会」と「落語芸術協会」、そして関西の「上方落語協会」の3つが有名どころで、各協会のサイトには、先ほど紹介した定席以外で行われている落語会の情報が掲載されています


開催場所も演芸場のある山手線の内側にとどまらず、都内各所で行われていますので、自宅や職場の近所といった、足を運びやすい場所を選べます。落語の枕はプレゼン口上の入りにも使えますので、話芸を楽しみながら、ちょっとしたコミュニケーションのコツも掴めるかもしれません。

(常山剛)

swiper-button-prev
swiper-button-next