特集
カテゴリー
タグ
メディア

LH質問箱:スマートフォンが焼けそうに熱くなる理由とその対処法

  • カテゴリー:
  • TOOL

ライフハッカー編集部様

新しいスマホがお気に入りなのですが、時々めちゃくちゃ熱くなります。なぜ、こんなに熱くなるのでしょう? スマホを熱くさせないためには、どうすればよいのでしょうか?

PN:火を噴きそうなスマホが心配

Photo remixed from an original by Shutterstock.

スマホが心配さんへ。

スマートフォンが熱くなるのは、よくあることです。この熱は、スマートフォンのバッテリーに起因しています。電話しているときやGPSを使っているとき、動画を視聴しているときなど、正常よりもパワーを使っているとき、熱があがります

スマートフォンが熱くなりすぎてパワーが落ちたり、本体を握りづらくなるのは問題です。また、バッテリーが熱くなるということは、バッテリーが早く消耗してしまうことでもあります。

では、スマートフォンを熱くなりづらくするための方策を、いくつかご紹介しましょう。

1. バッテリーを消耗するアプリをオフにする

睡眠中は『マップ』を閉じる、シグナルをしきりに検索させないようにするなど、バッテリーを消耗させるアプリはオフにしましょう

Android向けアプリ『JuiceDefender』(無料)は、バッテリーの節約に役立ちます。また、iPhoneでは起動中のアプリをすべて閉じるのも、効果があります。


2. ランナウェイ・プロセスを監視する

アプリケーションの中には収拾がつかなくなり、意味もなくCPUを食い始めてるものや、下手なプログラムゆえに必要以上にCPUを使っているものもあるかもしれません。CPUの使用量を監視するAndroid向けアプリ『Watchdog Task Manager』(有償・274円、無償のLite版あり)などを使って、スマートフォンが熱くなる原因となっていそうなポイントをチェックしましょう


3. スマートフォンを適度に冷ます

洋服のポケットに入っているスマートフォンが熱くなってきたら、外気に出して冷ましましょう。動画の視聴中は、スタンドを使うことをお勧めします。また、ナビに利用するときはエアコンが当たる場所に置くこと。触れる限りではあまり感じないかもしれませんが、GPSを1時間使う程度でもスマートフォンは熱くなります


4. ケースから出す

専用ケースが、スマートフォンがオーバーヒートしやすい環境を作り出していることもあります。スマートフォンケースを使っているなら、本体をケースから取り出し、クールダウンする機会を作りましょう。


5. オーバークロックしない

オーバークロックするとスマートフォンのスピードは上がりますが、バッテリーをより消費し、すぐに熱くなります。Android向けアプリ『SetCPU』(有償・156円)を使えば、プロファイルが作成でき、スマートフォンが熱くなってきたらアンダークロックに戻すといったことも可能。たびたび熱くなるなら、アンダークロックしておくのも一法です。


スマートフォンがオーバーヒートし、クラッシュしたり、ランダムにシャットダウンするなら、取り替えてもらうという手段もないではありませんが、扱うには熱い...という程度であれば、これらの対処法をまずは試してみてくださいね。

お役に立てれば、幸いです。

ライフハッカーより、愛を込めて。

Whitson Gordon(原文/訳:松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next