特集
カテゴリー
タグ
メディア

コーヒー豆は冷蔵庫・冷凍庫で保管した方が美味しさを保てる

コーヒーに関する情報は、これまでもライフハッカーでたくさんの記事を紹介してきました。今回ご紹介する美味しくコーヒーを飲む秘訣は、コーヒー豆は買いだめしない、買って保存する時は冷蔵庫・冷凍庫に入れた方がいいというものです。コーヒー豆が常温で保管できる期間は短いので、コーヒーの消費量を考えてコーヒー豆を買いましょう。

Photo by L.K.

湿度や香りをしっかりと保ち、抽出した時に香ばしい苦みを味わうためには、冷蔵庫もしくは冷凍庫でコーヒー豆を保存しておけば間違いありません。「Eating Well Magazine」のCarolyn Malcounさんは、賞味期限5〜7日間で、切れてから買い足すような、すぐに悪くなってしまう食品のようにコーヒー豆は扱った方がいいと言っています。

買ってからは密閉容器にコーヒーを入れ、乾燥した冷暗所に保存しましょう。コーヒーの油分は酸化しやすいので、挽いていない豆を湿度の高い場所に置いておくと、コーヒーが不味くなってしまいます。冷蔵庫・冷凍庫で保管するという考えは、コーヒーの保管術としては基本であり、最優先事項になるでしょう。

他にも、「美味しいコーヒーを飲むために、コーヒー豆の鮮度をどう保つ?」では、もっと詳細な保管に関する注意事項を紹介していますので、こちらもチェックしてみてください。

EatingWell: To Freeze Coffee Or Not? 7 Myths About Making Coffee Answered | Huffpost Food

Alan Henry(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next