特集
カテゴリー
タグ
メディア

せっかくのモチベーションに水を差すダメ職場から自衛する術とは?

文句ばかりでやる気のない後輩、叱りつけるばかりの上司、何事も見てみぬフリの同僚...。職場には、ときとして自分のモチベーションを妨げる存在がいるものですね。そのようなとき、心身のバランスを保ち、モチベーションやパフォーマンスを維持するには、どうすればいいのでしょう?

Photo by Rob Marquardt.

心理系ブログメディア「PsychCentral」では、ヒドい職場にハマらないためのコツとして、分別をわきまえ、自尊心を保つための戦略が必要だと説いています。ポイントは、ひどい職場環境のおかげで精神的にクタクタになる自分を、仕事以外でリフレッシュさせること。たとえば、運動したり、友人と過ごしたり、瞑想したり、趣味を楽しんだりするのも効果的です。

また、この記事では、自分の強みを思い出す時間を毎日作ることを勧めています。精神的に苦しい日々が続くと、過度に悲観的になりがちですが、これまでの成果をリスト化するなど、自分を客観視する時間を定期的に設けることで、「自分はそれほど悪くない」という「現実」を冷静に見つめることができます

職場がつらいときには、職場や仕事以外の逃げ場を確保しておくことと、自分で自分を褒めることがポイントのようですね。このほか同様のテーマを扱った記事としては、ライフハッカーアーカイブ記事「ダメ上司のせいで自分まで『ダメ』にしないための5つのコツ」も、あわせてご参考まで。

When Your Workplace Is Toxic | PsychCentral

Melanie Pinola(原文/訳:松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next