特集
カテゴリー
タグ
メディア

まとめ:がんばるというライフハック~逆説の仕事術

まとめ:がんばるというライフハック~逆説の仕事術
110711nightschool_logo_small.jpg
ココロ社さんのNightSchool、いかがでしたでしょうか? 私個人の感想としては、ライフハック術を紹介するメディアで「スマートに仕事しない」、「読書しない」、「対面よりもメールで」という発想はとても痛快でした。

そんなココロ社さんの「コペルニクス的転回」とも言えるライフハック術を、ここで再びご紹介致しましょう。

「がんばる」というライフハック講座【その1】~「あえてスマートに仕事をしない」

110729kokoroshanightschool1.jpg

まずは「あえてスマートに仕事をしないという仕事術」のご紹介。ライフハックといえば、「最小限の労力で最大限の効果を得る」というのが一般的だと思いますが、この講座ではあえて「がんばる」という愚直な方法をご紹介

確かに効率化、効率化と急ぎすぎるのも考えものです。要領が悪くても、一歩一歩着実にこなしたほうが、実は結果的に成功していたなんてこともあるかもしれません。もちろん、がんばりすぎて燃え尽きないようにご注意を。

そんな逆説の仕事術に興味を持った方は、こちらをご覧ください。


「がんばる」というライフハック講座【その2】~「読書しない」という読書術

110729kokoroshanightschool2.jpg

次は「読書をしない読書術」をご紹介しました。一般的には「本はたくさん読んだほうがよい」と言われますが、実際に実践してそれが血となり肉となっている人は、ほとんどいないのではないかと思います。

本を読むと、納得して終わってしまうことが多いですよね。しかし、実践しなければ本を読んだ意味がありません。この点、私も肝に銘じたいと思いました。

この「読書しない読書術」は、こちらからご覧いただけます。


「がんばる」というライフハック【その3】~言いにくいことこそ、メールで言う

110729kokoroshanightschool3.jpg

最後は「言いにくいことこそメールで」というライフハック。「言いにくいことはメールではなく対面で」という考え方を持つ人は多くいますが、対面だとその場の雰囲気に押されてOKをしてしまうことが多いですよね。メールだと断る時間を与えることができるので、相手に配慮した対応をすることができます。

対面だと相手に誠意を伝えることができるかもしれませんが、対面するということは相手の貴重な時間を奪っているということでもあります。商談などの特別なケースを除いては、メールを使うのが無難だと個人的には思います。

このライフハック術については、こちらをご覧ください。


(安齋慎平)

swiper-button-prev
swiper-button-next