特集
カテゴリー
タグ
メディア

仕事場探訪:クールな雰囲気が漂う発光デスクをDIY

仕事場探訪:クールな雰囲気が漂う発光デスクをDIY

既製品だと「あっちを立てるとこっちが立たず」みたいな状態に陥りやすいですが、自作したデスクは格別です

米Lifehacker読者のbcarpenterfhさんは、脚となる棚やキャビネット(左右両側)に天板をのせるだけのタイプよりも、さらに一歩進め、ライトを埋め込んだ美しい机をフルカスタムで完成させました。もちろん手作業なので、とても手間暇がかかります。しかし、カスタムデスクはサイズもスタイルも、思いのまま。

大変だけれど、きっと満足感はそれ以上! 作ってよかったと心から思えるのではないでしょうか。

Googleによる三次元モデリングソフト「SketchUP」でじっくり構想を練り、作成したイメージ図を元にパーツを割り出して、それぞれのサイズや木材の厚さ(太さ)などを決定していきます。

灯りの類いは中国のディーラーから調達し、ガラスは地元の硝子店へオーダーしたとのこと。資材や道具の準備を整えてしまえば、あとは作業・作業・作業です。マイター・ソー(留め継ぎ用のこぎり)やコードレスドリル、ネイルガン(釘打ち機)を使って組み立てて、 パームサンダーで研磨したあとは、Bcarpenterfhさん曰く「退屈なやすりがけ...」が続きます。

木が元々持っている自然の風合いを壊さないよう注意しながら作業を行い、220番までの紙やすりを使って磨き仕上げたそうです。ポリウレタン塗装(2回塗り)が施してあるため、普段のお手入れもとても簡単。

天板はガラスなので当然透けており、ライトを灯すと幻想的な空間が拡がります。色が変わる様子は、こちらの動画でご確認あれ。

これから作ってみようという方、いつか作ってみたいと思っている方は、部屋の様子(他の画像)が公開されているネタ元もチェックしてみてください。

Bcarpenterfhl's Workspace | Lifehacker Workspace Show and Tell Pool

Adam Dachis (原文/訳:kiki)

swiper-button-prev
swiper-button-next