特集
カテゴリー
タグ
メディア

iPhone 4と一眼レンズを使って撮影してみた

iPhone 4と一眼レンズを使って撮影してみた

編集委員のひらたです。梅雨が明けたと思ったら、東京にも暑い夏がやってきました。この数日は幾分涼しいのですが、また暑い日が続きそうですね

Photo by dh.

今回はiPhone4のカメラで遊んでみた話です。もう一年ほど前になるでしょうか。

Gizmodo他で話題になった「iPhone4の一眼レフ改造」をご存知でしょうか。

こちらのサイトやこちらのサイトで紹介されていたのをみて、いつか作ってみたいなあ、と思っていたのですが、なんとか似たような写真が撮れるところまできたので、紹介します。

そもそも一眼用のレンズを使うと何が楽しいのかといいますと、ぼかしのある写真がとれたり、望遠や広角のレンズを接続していろんな写真が取れたり、さらには一眼用レンズで動画撮影ができるといったことが挙げられます。

まあ、どれも今や一眼カメラでできますし、結論からいえば、iPhoneで撮った写真はトイカメラ風の写真になってしまうわけで、結局のところ、そこにiPhone 4とレンズがあるからという理由以外にはないのです。まあ、ちょっと変わった写真が撮れるという面もあるのですが。

iPhoneで一眼レンズを使った写真の撮り方は、「Depth of Field」というキーワードで検索していただくとたくさん出てきます。一眼のレンズからの光をいったん結像させ、それをiPhoneのカメラで撮影するという、とても簡単な話です。絵にすると以下のような感じです。

110725daijihirata2.jpg

結像させる先は、一眼レフのカメラのファインダーに使われるフィルタガラスを使うのが一般的なようです。また、ガラスを撮影するのに、クローズアップレンズなどを併用すると良さそうです。

ということで、必要なレンズマウンタ、ファインダーガラス、レンズアダプター、クローズアップレンズを集めてつないでみました。うまくつながらないところはテープで巻いて固定しています。美しくないですね。まあ、このあたりは気にせず、さっそく撮影してみました。ちょうどベランダに朝顔がありましたので、ニコンの「50mm F1.4」でやってみました。F1.4 だと、さすがにピントが合わせにくいです。

110725daijihirata3.jpg
Photo by dh.

動画もこんな感じでとれます。


Uploaded by dh.

撮影のときは、全て像がサカサマになってしまうので、取り込んだあとに反転させています。動画の反転は「QuickTime Player」で簡単にできて便利でした。そういえば、QuickTime PlayerからFlickrにアップロードできてびっくりしました。先日MacをLionにアップデートしましたが、そのおかげでしょうか。

ついでに、500mmのミラーレンズをつけてみて、遠くにみえるスカイツリーも撮影してみました。

110725daijihirata4.jpg
Photo by dh.

うーん。三脚使わないと厳しいですね。レンズ側に三脚をつけられるようにしたいところ。

110725daijihirata5.jpg
Photo by dh.

ちなみに、最近になって「Photojojo」から、キヤノンとニコンのレンズに対応したものが市販されたようです。軸や光の漏れで画質が大きく変わりますから、DIY を楽しむ方でなければ、素直に買ったほうがいいかもしれません。はい。

ライフハッカー[日本版]編集委員・平田大治)

swiper-button-prev
swiper-button-next