特集
カテゴリー
タグ
メディア

Lionの違和感、スッキリ解消します!

  • カテゴリー:
  • TOOL

こんばんは傍島です。

なんとなく浮かれ気分になる夏ですが、Macユーザーは、さらに浮かれ気分のはずです。何のことかと言えば、『Mac OS X Lion』がリリースされたから。『Snow Leopard』のリリースが、2009年8月28日だったので、Lionは約2年ぶりのメジャーアップデートです。

iPhoneやiPadだと、例え騒いでも仕事の道具としてMacがないと、ことが進まないことが多く、Lionの登場を待ちわびていた方も多いはずです。そんな期待のMac OS X Lionですが、期待に胸膨らませて使ってみると、操作性に違和感を感じる部分がないでしょうか?その違和感は、設定を変更することでスッキリ解消できるので、事例と対象方法をご紹介します

スッキリしたい方は、以下で。

1. ライブラリフォルダの表示

110723_lion01.jpg

LionのFinderは、自身のライブラリフォルダへアクセスできません。Finderからアクセスする場合は、「移動」メニューを表示したままにしてオプションキーを押すと、「ライブラリ」のコマンドが追加されます。これを選択すると、Finderからライブラリフォルダへアクセスできます。


2. Chromeの戻る・進むの挙動

110723_lion02.jpg

Chromeをお使いであれば、トラックパットを2本指で左右にスワイプして、戻る・進むを実行していたと思いますが、Lionでは何故が上手く動きません。違和感を通り越してイラッときた場合は、「システム環境設定」の「トラックパッド」、「その多のジェスチャ」で「ページ間をスワイプ」を「3本指で左右にスワイプ」に変更して下さい。3本指スワイプ操作で戻る・進むが実行できるようになります。


3. スクロールの方向

110723_lion03.jpg

Lionでは、操作方向とは逆にスクロールするようになりました。これはiOSと同じ動きなんですが、長年の慣れなのか、iOSのように対象物を直接触って操作しないためか、この動きには違和感を感じます。これも、「システム環境設定」の「トラックパッド」の「スクロールの方向:ナチュラル」のチェックを外すと、これまでと同じ方向にスクロールします


4. スクロールバーの表示

110723_lion04.jpg

地味ながら思い切った変化だと思いますが、ウィンドウからスクロールバーが消えました。これでは、表示しているドキュメントがどのくらいの量で、それのどこを表示しているか把握できないので、不満です...。「システム環境設定」の「一般」の「スクロールバーの表示:」で「常に表示」を選択すれば、スクロールバーが表示されます


いかがでしょうか?

不満を通り越して「イラッ」となっている方も多いかもしれませんが、Lionの不満がいくつか解消されたのはないでしょうか? 私は、ご紹介した設定を行うことで、スッキリ使えるようになりましたので、是非試してみてください。

(傍島康雄)

swiper-button-prev
swiper-button-next