特集
カテゴリー
タグ
メディア

キーボードなどのすきま掃除に「割り箸」を使うアイデア

コンビニやお弁当屋さんでもらったきりの割り箸が、引き出しに眠っていませんか? 不要ならば、お会計のときに「お箸いりません」と断るのがエコ的には理想ですが、もし、余っている割り箸があるのなら、お掃除グッズとして使ってみましょう。

ブログメディア「Unplggd」では、キーボードなどのすきま掃除に、割り箸を使う方法を紹介しています。

やり方はとてもシンプル。割り箸の細い側にペーパータオルを巻きつけ、輪ゴムで留めるだけ。この部分を使って、キーボードの小さなすきまを掃除していきましょう。必要に応じて、ペーパータオルに少しアルコールをつけて掃除するのも効果的です。ペーパータオルが汚れたら、この部分だけ新しいものに取り替えればOK。割り箸は何度でも使えます。

この方法は、パソコンのキーボードのほか、ゲーム機のコントローラーやリモコン類にも使えます。ほこりが溜まる前に、チャチャっとキレイにしてしまいましょう。

このほか、キーボードのお掃除グッズとしては綿棒が定番ですが、不要な割り箸を使ったほうが、経済的かもしれません。また、使い古しのマスカラ消しゴムというテもあります。ライフハッカーアーカイブ記事「キーボードをお掃除する10の方法」も、あわせてご参考まで。

How Chinese Take-Out Will Help You Clean Your Computer | Unplggd

Alan Henry(原文/訳:松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next