特集
カテゴリー
タグ
メディア

Macのファンクションキーモードを自動的に(またはマニュアルで)切り替える『Palua』

Appleのファンクションキーにあらかじめ割り当てられている機能が便利な時もありますが、使っているアプリによっては、Appleの機能ではなくプログラムの機能としてファンクションキーを使いたいという場合もありますね。

『Palua』はそんな時にファンクションキーのモードをサクッと切り替えてくれます。しかも、使っているアプリに応じて自動的に切り替えるように設定することも可能です。

Paluaのインストールが終了したら、「Command + Option + Tab(このショートカットも変更可能)」を押すことで、ファンクションキーを標準キーとして使うか、Appleファンクションキーの機能を使うかの切り替えが可能になります

これだけでもなかなか便利なのですが、Paluaのクールなところはなんといっても設定を記憶してくれること。Preferenceにある「Smart Mode」をオンにしておくと、標準キーと特殊キーモードの切り替えを行なったタイミングが記憶され、ユーザが、このツールでは標準モード、このツールでは特殊モード、という切り分けを覚えてくれます。よって、毎回モードの切り替えを行なう必要がなく、マニュアルでモードを切り替えたい場合は、ショートカットで可能です。

このツールでできることはこれだけですが、この切り替えを頻繁に行なっている方にはかなり便利です。気になった方は試してみて下さい!

Palua (85円) | Mac App Store

Adam Dachis(原文/訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next