特集
カテゴリー
タグ
メディア

YouTubeに自動で日本語キャプションが付けられるスーパーな機能が登場!

  • カテゴリー:
  • TOOL
YouTubeに自動で日本語キャプションが付けられるスーパーな機能が登場!

YouTubeにスーパーな字幕機能が追加されました! 以前から一部の英語コンテンツだけを対象に公開されていた「自動キャプション機能」が日本語対応になったのです。

見たいと思った動画のメニューに小さく「CC」というアイコンが付いていればしめたもの。クリックするだけでキャプション表示ができます。さらに、キャプション表示のできる動画は、Google翻訳機能を使って、50以上の言語に表示を切り替えることも可能です

CCのボタンがある動画は、視聴者が音声認識を使ってキャプションを付けたあと、他の言語に変換したり、表示させる書体や位置も変更できます。さらに、この機能を使って公開した動画にキャプションを付けることも可能です。

そもそも、ユーザーがアップロードした動画にテキストファイルを追加して、自動的にキャプションの表示位置を同期させるという「キャプション自動同期機能」は、今年の3月からひっそりと公開されていました。これだけでも面倒なキャプション付けの作業がずいぶんとラクになったんですが、それでも自分でテキストを用意する必要がありました。ニュースのように原稿が用意されているのならともかく、取材先のコメントなどをいちいちテキスト化するのは手間がかかります。そこで今回、音声認識機能を使って日本語のテキスト化そのものができるようになったわけです。

YouTubeに動画をアップロードした時に「キャプションと字幕」のメニューを使えば、動画の長さにもよりますが、数分程度で変換作業は終了します。もし変換がぐだぐだでも、生成されたキャプションはテキストデータとしてダウンロードできるので、エディタなどで修正してから再度アップロードして、より正確なキャプションにすることも可能です。ニュースのような、もともと文章を読み上げているものなどではかなり認識度が高く、実際にTBSの報道局が試験的にニュース番組でGoogleの技術を使いはじめているそうです。

110715youtube02.jpg

記者発表でのデモ。ワンクリックで日本語キャプションがあっという間に付けられるのがスゴイですね。変換されたキャプションは一覧で見られ、クリックすればキャプションが表示される位置にジャンプもできます。

今回の製品発表を行ったGoogleのプロダクトマネージャーを務めるブラッド・エリス氏によると、英語の次に日本語の対応を進めたのは、現在Googleが東日本大震災の支援として行っている「ビジネス支援チャンネル」でこの機能を使い、キャプション表示をできるようにして世界中の人達に動画を見てもらえるようにしたかったからだそうです。今後は音声認識の精度を上げ、さらに編集もオンラインでできるようにしたいとのことでした。

110715youtube03.jpg

プロダクトマネージャーのブラッド・エリス氏は、東日本大震災の際にGoogleの災害支援プロジェクト「Google Crisis Response」のリーダー的役割を務めた人物で、それゆえに日本語化への思いも強かったそうです。

Googleでは、この機能は「聴覚障がい者にとっても役立つ機能」としていますが、個人的には、あんなことやこんなことにもいろいろ使えそう...とアイデアがむくむくわいてきます。そんな活用法については、またの機会にこちらでご紹介したいと思っております。

(野々下裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next