特集
カテゴリー
タグ
メディア

ミスを少なくして成長するための「ワーク・ダイアリー」のススメ

毎日職場で起きたことを書く日記や記録は、うまくいった仕事の経緯、ミスをしたときの状況や経緯、将来の成功を記すことで、仕事でのパフォーマンスを自己評価するためにも価値ある記録になります

Photo by Frederik Rubensson.

ミスしたときは、それが起こった経緯を手早くメモしましょう。そうすれば同じミスを繰り返さずにすみます。また、現在責任を持って進めている案件や、成功したことを記録しておけば、突然上司に仕事の報告や自己評価を求められた時にうまく対応できます。さらに、うまくいかなかった日の愚痴のはけぐちにもできますし、落ち着いたときに反省する材料にもなります。

週1回程度それを見直せば、自分の成長や目標へどこまで近づいているのかを確認する良い機会にもなりそうです(詳しくは、こちらも参照)。

みなさんは仕事の日記や記録をつけていますか? 成功した方法や失敗体験を、ぜひコメントで教えてくださいね。

5 Reasons to Keep a Work Diary | AMEX OPEN Forum

Alan Henry(原文/訳:曽我美穂)

swiper-button-prev
swiper-button-next