特集
カテゴリー
タグ
メディア

腰痛を少しでも改善するには抗炎症薬よりもマッサージの方が効果的!?

腰痛に悩まされている人は本当に多いです。一日中イスに座ったままデスクワークをする人は、それが腰痛を悪化させているのは間違いないでしょう。最近の研究によると、薬を使った療法よりもマッサージ療法の方が、痛みの軽減や腰痛の改善に効果があるのだそうです。

Photo by Shutterstock

この研究では、毎週体をほぐす全身マッサージを受けたグループや、特定の筋肉や部位に集中的にマッサージを受けたグループの方が、イブプロフェン配合の市販の抗炎症薬を使ったグループよりも、いくぶんか改善が見られました。しかし、腰痛を治すためのマッサージの効果は、患者によってかなり違いがあります。

10週間の治療の結果、全身マッサージを受けたグループの36%と集中マッサージを受けたグループの39%は、痛みはほとんど、もしくは完全に消えたと言いました。それに比べ、通常の治療を行ったグループで同様の効果があったのは4%でした。

マッサージが腰痛に最も効果的な治療法だとか、ましてや特効薬だとは研究者は言っていません。しかし、腰痛を改善したり、痛みの周期を抜け出すのに効果的なのは間違いなさそうです。よって、腰痛に悩まされているなら、手っ取り早く痛みを軽減するためにマッサージを受けるのは、手軽でいい手段だと思われます。

ただし、マッサージだけで腰痛が根本的に治癒するかどうかは、素人判断では危険ですから、痛みが長引いたりひどくなってきたら、できるだけ早く病院や治療院へ行きましょう。あくまでも、一時的な救済措置としては、抗炎症薬よりもマッサージの方が若干効果があるということです。

Study:Massage Helps Treat Low Back Pain | WebMD

Melanie Pinola(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next