特集
カテゴリー
タグ
メディア

超軽量かつスピーディーでカスタマイズ可能なMac用アプリケーションランチャー『Chuck』

  • カテゴリー:
  • TOOL

Mac OS X:『Chuck』はシンプルかつ軽量でスピーディーなアプリケーションランチャー。ハードコアユーザを満足させるスペックにはなっていませんが、キーボードからアプリを瞬時に起動させることに関しては、多くの人を満足させることができるはず

なぜ、『Alfred』や『Quicksilver』ではなく、Chuckを使うのか? という質問が聞こえてきそうですが、その理由としては、この2つのアプリではたまにラグが生じたり、ユーザの多くが必要としていない機能がたくさん搭載されていたりして、使い勝手が悪い瞬間があるからです。

多機能性を求めるのであれば、AlfredかQuiksilverを選択するのが賢明ですが、スピードとシステムへの負担を軽減することがプライオリティなのであれば、Chuckがオススメです。

過去にアプリケーションランチャーを使ったことがあれば、Chuckの使い方は簡単です。ショートカットで起動し(デフォルト設定がないので、初回の起動には設定が必要)、起動したいアプリ名を入力。Chuckは結果が瞬時に表示され、ラグが生じることがないので、フェードインするまでの1/2秒が長く感じるのであれば、それよりも早く表示するように設定可能です。また、アプリを高速起動するためのショートカットも作成できます。例えば、Photoshopを立ち上げるのに、「ps」と入力するだけで済むといった具合です。

スピード重視で作業したいなら、Chuckには必要な機能が全て盛り込まれています。Mac App Storeから無料でダウンロードでき、アイコンがひげなので、それだけでも憎めない感が満載のツールです。気になった方は試してみて下さい!

Chuck | Mac App Store via Addictive Tips

Adam Dachis(原文/訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next