特集
カテゴリー
タグ
メディア

子供の近眼を防ぐには「外で過ごす時間を増やす」のが有効!?

子供の近眼を防ぐには「外で過ごす時間を増やす」のが有効!?

子供のころの外遊びの体験は、とても良い思い出になります。

それに加え、最近の研究によると、太陽の下でたくさん遊ぶと、子供たちの近眼を避ける助けになることが分かってきたそうです

Photo by Sherif Salama.

近眼は、目の成長が過度に起こった場合に生じます。いくつかの研究によると、太陽光が網膜内のドーパミンの放出を促し、目の成長が過度に起こるのを妨げ、近眼を防いでいるかもしれないとのことです。

しかし、この近眼を防ぐ効果については、太陽光の強さや光にあたる時間に閾値(境目となる値)がある可能性があります。研究では、子供は学校の時間以外に1週間に10~14時間、外で過ごすことを提案しています

しかし、近眼は環境と遺伝の両方によって引き起こされる複合疾患だと考えられているので、太陽の下で遊ばせることがメガネを避ける魔法の薬になるわけではありません

とはいえ、親子でもっと外遊びをたくさんするための、良い口実になりますよね! 夏を快適に過ごすコツは、こちらも参考にどうぞ。

New research an eye opener on cause of myopia | CNN

Melanie Pinola(原文/訳:曽我美穂)

swiper-button-prev
swiper-button-next