特集
カテゴリー
タグ
メディア

国内外のソーシャルメディア最新事例紹介ブログ「ソシエタ」

弊社のグループ会社であり、あんなプロモーションこんなコラボの仕掛け人として、一部にはおなじみのデジタルコミュニケーションエージェンシー・インフォバーンから、満を持して「ソーシャルメディアのブログ」が登場しました。その名はソシエタ」。

まあ、賢明な読者諸兄にはもうおわかりの通りのお知らせ宣伝記事ですが、「宣伝でも役に立つ記事」をお届けするのがライフハッカーの真骨頂。新しいメディアの息吹を感じさせる、良エントリーを見つけましたので、ご紹介します。

認知度の低いイベントを広めるためにアルゼンチンの人たちが考えた逆転の発想

テレビじゃ見れない川崎劇場(CM動画はこちら)」を彷彿とさせる、逆転の発想。

米Lifehackerでもおなじみカンファレンスの百貨店「TED」が、ローカライズ版TEDともいうべき「TEDx」をアルゼンチンで認知させるため、選んだのは「タクシー運転手をカンファレンスに招待する」という方法。お客さんとの何気ない会話のなかで「TEDx」に触れてもらう作戦です。

そこで、タクシーの運転手50人をカンファレンスへ招待しました。イベントの後、タクシーに乗るお客さんに向けてその内容について話してもらおうという戦略です。50人は少ない気がするかもしれませんが、1人の運転手が1日に運ぶお客さんは約20人なので、50人が1週間広め続けると7000人の耳に届いたことになります。

ソシエタ記事では、実際にカンファレンスを受講した運転手がお客さんへ「TEDx」トークをしている動画も紹介されています。SNSありきで進行する企画にありがちな、Buzzの大きな勘違いを回避できている事例と言えます。伝えるのは人ですから、伝える人のモチベーションをどうアシストするか、ってのが今回のポイントですね。

このような、国内外ソーシャルメディア事例が続々とアップされていく予定。現時点での最新記事は、「Google プロジェクト」。いま一番hotな話題ですね。

「何はなくともソーシャルだ!」息巻く方々に、一度ぜひ目を通していただきたいブログですので、今後ぜひお見知りおきのほどを。

ソシエタ

(常山剛)

swiper-button-prev
swiper-button-next